美味しいお茶の淹れ方

美味しく淹れるコツを知ると知らないとでは、例え高級茶でも、その本当の美味しさを引き出すことはできません。
お茶の淹れ方一つで、お茶本来の風味と香りが引き立ちます。


お茶の味は渋いと思われがちですが、本来は清々しい甘みを持っているのです。
その甘みは、低温で淹れる事によって活きます。

※ 美味しいお茶を淹れるために、美味しいお水を使用するのも忘れずに!


なるべく平たい急須に、底が見えないくらい茶葉を入れます。
湯飲みは沸騰したお湯で温めておきます。


急須にお湯を注ぐ際、沸騰したお湯ではなく、湯冷ましを注いで下さい。
この時、淹れるお茶の量だけ注ぐのがポイントです。
ですから、湯飲みを温めたお湯を注ぐのが良いでしょう。


湯冷ましの温度は70℃程度がお勧めですが、少し渋みを加えたいのであれば
もう少し熱い温度でも良いでしょう。
そこは、好みによって調整してみて下さい。


お湯を入れ、急須に蓋をしてから約2~30秒程度蒸らします。
そうしますと、お湯で茶葉が開いてきます。


お茶は、一度に淹れず、同じ濃さになるように湯飲みに振り分けて下さい。
そして、最後の一滴まで絞りきるように注ぐのがコツです。


茶葉が開ききる前に淹れますと、2煎目・3煎目も違った味を楽しめます。


絞りきったら、2煎目以降も美味しく淹れるため
茶葉が蒸れないように、急須の蓋をずらして熱を逃がして下さい。

茶園オーナー会のご説明

当園と提携して
美味しいお茶を作りませんか?
あなたの好みに合わせた
「オリジナル煎茶」をお届け致します。